悟浄歎異

沙悟浄が主役の西遊記の話です。歎異とは、異なりを嘆(なげ)くこと。沙悟浄の嘆きとは、何か。三蔵法師、孫悟空、猪八戒と自分との才能の差に嘆いております。三蔵法師、孫悟空の才能は分かりやすいのですが、沙悟浄が嘆くほどの猪八戒の才能とは。それは、この世を楽しむことです。「極楽に行くよりも、この世が楽しい。嫌なことがあっても、旨いもの食べたり、夏に水浴びしたり、昼寝したり、冬に暖炉で歓談したり、そっちの方が楽しい。」と言い切るところです。これ以外にも、楽しいことを幾つも挙げることができる能力です。沙悟浄は自分とは何かを悩み、生まれてきました。この世を楽しむことも素晴らしい才能なのでしょう。

引用文献 悟浄歎異、中島敦、岩波文庫