はてしない物語

 

 

良い児童文学は、読みやすく疲れません。大人でも気分転換になるかと思います。子供の本離れが嘆かれるなか、想像することを忘れた事に警鐘を鳴らすのが、ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」です。映画「ネバーエンディングストーリー」の原作です。本自体にも仕掛けが施されていることから、単行本で読むことを薦めます。物語は前半と後半に分かれ、前半部分は、子供が想像することを忘れたことにより、消えかかる世界を描いております。そして、後半は、想像することだけにとりつかれた人の末路を描いています。社会とのつながりを否定しては、人は生きていけないと別の警鐘を鳴らしております。

引用文献 はてしない物語、ミヒャエル・エンデ作、上田真而子 佐藤真理子訳、岩波書店